オランダ南高速線


オランダとベルギーに渡ってスキポール・アントウェルペン高速線は走っています。オランダ側の区間は125kmで、最高速度は時速300kmであり、ベルギー側ではHSL 4と呼ばれています。オランダ語でHSL-Zuidは「南高速線」の意味を略しているものです。開業は2009年の9月7日です。前日の9月6日には開業祝典が開催されました。元々の開業予定の2007年から2年が経った時のことです。

新たな都市間列車であるフィーラがアムステルダムからロッテルダムの間で運行を開始しましたが、車両製造元のアンサルドブレーダの一部納入遅れのために、当初予定されていた電車方式であるV250形による運行は2010年の12月以降にずれ込みました。その間はボンバルディア・トランスポーテーションが製造した電気機関車のTRAXXの牽引による在来型客車によって営業運転が行われていました。ハーグ、アントウェルペン、ブリュッセル方面へもフィーラの運行は拡大され、オランダ鉄道、KLM、ベルギー国鉄が出資したオランダ高速鉄道によって運行が開始されています。

オランダ南高速線は2009年に開業して以来、オランダ鉄道やKLM、ベルギー国鉄によって運行がなされています。オランダとベルギーの間を走行しており、住民の足として活躍しているのです。