京滬高速鉄道


中華人民共和国を代表する二大都市である北京市と上海市をまたいで運行しているのが京滬高速鉄道です。こちらは全長1318kmで2008年の4月に着工されました。その後、工事は進み、2011年の6月30日に開通しています。呼び方に関しては多数あり、京滬旅客専用線や、京滬高鉄などと呼ばれることもあるようです。

中華人民共和国の国務院が作った「中長期鉄道網計画」の中の「四縦四横」の高速鉄道網の縦の1路線が京滬高速鉄道です。このプロジェクトは距離や投資の規模の中でも最大クラスとなっています。世界最長である高速鉄道路線としても知られており、その投資額は2209億元とも呼ばれています。これは西部大開発の「西電東送」「南水北調」「西気東輸」「青蔵鉄道」といったものから三峡ダムの建設といった国家プロジェクトと並ぶ規模となっています。中華人民共和国が建国して以来最大の投資額であると言われることもあり、そのスケールの大きさが伺えます。

運行形態は最高時速が300kmと250kmの列車がそれぞれ2種類運行しています。最高時速が300kmの列車は63往復で、250kmの列車が27往復で開業当初は1日運行していましたが、ピーク時には92往復というダイヤ改正が2011年の12月12日に行われました。そのため、ますます便利になっていくことなどが予想されています。